HOME>アーカイブ>初心者向けのアドバイスを学びと仕組みを理解する
握手

どのような仕組みになっているのか

会社を合併したい場合や自分の会社の弱みをほかの会社に補ってもらいたい場合などは、M&Aをすることが多くなっています。一昔前ならばあまり考えにくかったことですが、最近ではごく当たり前にM&Aが行われているのが特徴になります。この時、個人的に会社を探そうと考えても相手の会社はそう簡単に見つかるわけではありません。その場合には、専門的な業者に依頼するのがよいでしょう。専門業者にお願いすることにより、費用はかかります。いわゆる、仲介手数料と呼ばれるものを支払ってから初めて相手の会社を紹介してもらうことになります。この時の仲介手数料の相場はどれぐらいになるか問題になりますが、50万円から100万円ぐらいになると考えてよいでしょう。実際に、仲介手数料にこれほど違いがあるのは、その後支払われる成功報酬が違うからです。最初からある程度お金をとっているところは、成功報酬はそれほどたくさんもらいません。

初心者が理解しておきたいこと

初心者がM&Aを行う場合に理解しておきたいことは仲介手数料の相場と合わせてどれぐらいの時間がかかるかになります。時間がかかる場合は条件がたくさんある場合と言えるでしょう。M&Aの業者にたくさんの条件を出してしまった場合契約自体が成立しないこともありますが、仮に契約が成立したとしても相手の会社を見つけるまでに時間がかかってしまいます。これは、婚活などと同じと考えてよいでしょう。婚活の場合も、相手に対してあまりたくさんの条件を付け過ぎてしまうと自分自身が浮かばれないことになってしまうでしょう。これと同じで、M&Aの場合も条件はあまりつけすぎずに必要最低限の条件だけ気をつけておけばよいでしょう。条件にぴったりの会社があったとしても、相手の会社が承諾しなければ成立しませんので、やはり条件は必要最低限にとどめるべきです。

広告募集中